本物そっくりのバスのボタンのおもちゃ

バスでボタンを押したがる。

私は車の運転ができないので、よくバスに乗って出かけます。そうなると子連れで行くことも結構あるのですが、こどもがバスのボタンを押したがって毎度困っています。

目的地の時にボタンを押してくれるのはいいのですが、関係ないところでもバスのボタンに手が伸びる! ボタンを押すのが好きなのと、押すと音が鳴り光るというのが面白いんでしょうね。困る~!

そんな時、バスのボタンを模したおもちゃを発見! 家で飽きるまで遊べば、飽きてバスでは押さなくなるかなと思い購入してみました。

押しやすい大きなボタン。
押すと光って音がなるだけというシンプルなつくり。それも本物っぽい。

ON/OFFボタンがあるので、電池の消耗を抑えられていいです。オフにしておけば誤作動しないのもいいですね。
電池の部分は、ねじでふたをとめるようになっているという安心設計です。

バスボタンを押してみました
押すとこんな感じです。リアル!

形がリアル!

見た目は、バスにあるボタンそっくりです。バスによってボタンは異なるので私たちがいつも乗っているバスとは違うボタンなのですが、あまり気にせず遊んでいました。

少しバスのボタンより大き目かなとも思いますが、こどもが押しやすいのでいいかなと思いました。大きさがそこそこあることで、誤飲の心配もないのでいいです。

いろんな音が出ます

音もバスで流れるアナウンスそっくり!聞くだけでバスの気分を味わえます。

基本的には「つぎ、止まります」という音声しか出ませんが、サイドのボタンを押すと別の音声が流れます。

両サイドにこういう小さなボタンがあります。

右サイドにある小さいボタンは
「お降りの際はバスが止まってから席をお立ちください」
「お客様にお願いいたします。発車停車時にはお立ちの方はお手近のつり革などにおつかまりください」
「(ピンポーン)次は終点でございます。どなたさまもお忘れ物のございませんようご注意願います。ご乗車ありがとうございました」
という三種類の音声。

左サイドの小さいボタンは
「(停車音)(バスが止まる音)発車します(発車音)」
「(ピンポーン)毎度ご乗車ありがとうごさいます。走行中事故防止のためやむを得ず急ブレーキをかける場合がありますので、十分ご注意願います」
「(クラクション音)」
という3種類の音声が出ます。

効果のほどは……?

家でぞんぶんに遊ばせてみましたが、やっぱり「バスについている」というのがいいのか、家ではすぐに飽きてしまった感じあります……。ただ、たまに思い出したように触っているので、おもちゃとしては悪くなかったかなと思いました。

個人的には、バスのボタンがそっくりすぎて親のほうがテンションあがりましたね。もう少し大きくなったら、車の中などに持ち込んで、降りたいときに押してもらうみたいなこともできそうです笑

バブ
バブ

バスのボタン大好き!

コメント

タイトルとURLをコピーしました