赤ちゃんから長く楽しめる絵本「かお かお どんなかお」

低月齢の頃に購入しました。

早めに読み聞かせを始めると言葉の発達にいいという話もあったので 、生まれて2か月くらいのころから絵本をいろいろ購入してきました。
低月齢の赤ちゃんなのでどのようなものに食いつくかわからず、結構悩んで試行錯誤しましたね。

図書館のおすすめ絵本で購入することに

この本は、図書館の司書さんが何冊かピックアップしてくれたものの中から選んだ本です。
私が「こぐま社」の絵本が好きだったのと、シンプルでわかりやすい絵柄、いろんな表情の顔の絵が1ページ1枚載っているというシンプルさでこれを選んだ記憶があります。

絵は味のある切り絵で、流行などなさそうなのもいいなと思いました。色使いもカラフルですが目がチカチカするような感じではありません。

1ページごとに「○○なかお」が変わります。

すぐに子供のお気に入り絵本に

1歳くらいまでは読んであげてもあまり興味を示してくれなくて、「絵本をめくる」ことが好きだったこどもでしたが、1歳を超えたあたりでこの本にめちゃくちゃ食いつくようになりました。
次々出てくる表情の顔の絵に笑い、指差し、何度も読んでと持ってくるくらいに!
言葉の出始めの頃で「わんわん」をしゃべったかどうかな?くらいの時期に「かお!」という発語があるくらいだったので、相当お気に入りだったと思います。

親が思う、こどもが気に入った理由

絵本というと、ストーリーがあるものを思い浮かべますが、この本には特にストーリーはありません。でも、低月齢のこどもはまだストーリーがわからないので、それが逆によかったのかなあと思います。私がほかに選んだ絵本はストーリーがあるものが多かったので、ちょっと早かったのかなと反省しました。

あと、顔が1ページに1枚というのがわかりやすいのかなと思います。たくさん絵があると目線が分散してしまうのですが、これは絵に集中できて面白く読めたのかなあと。

強いて思う「ここがちょっと…」というところ

やはり、ストーリーがないということで低月齢向けかなと思います。
ただ、 地域の絵本読み聞かせ会のようなものに行ったときにこの本を読んでもらったのですが、「少しこどもが大きくなったら絵本の顔を真似したり、これはどの顔?などと当てっこするのもいいですね」という話がありました。
なるほど~!そういう楽しみ方をすれば、だいぶ大きくなってからも長く楽しめそうです。

ボロボロになるまで読みまくっています。買い直しになりませんように……。
バブ
バブ

最高の絵本!たくさん読んでほしい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました